HOME   »  2011年02月
Archive | 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治活動用事務所にスローガン等の表示は可能か

統一地方選挙まであと2ヶ月となり、
あちこちで事務所開きが行われています。

告示前なので「○○選挙 候補者」とは書けませんので
「やまだ たろう」のような
氏名のみの看板を掲示しています。

氏名のみの看板以外に、
「県政一新」「有言実行」等のスローガンを
表示している事務所も多いのではないでしょうか。

今回はこのスローガンについての考察です。
前回に引き続き、公選法143(16)についてです。

公選法はわかりにくい法律ですが、その中でも143条はわかりにくいと思います。
正直自分もよくわかっていませんwww
以下は143(16)全文です。

16 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。以下この項において「公職の候補者等」という。)の政治活動のために使用される当該公職の候補者等の氏名又は当該公職の候補者等の氏名が類推されるような事項を表示する文書図画及び第199条の5(後援団体に関する寄附等の禁止)第1項に規定する後援団体(以下この項において「後援団体」という。)の政治活動のために使用される当該後援団体の名称を表示する文書図画で、次に掲げるもの以外のものを掲示する行為は、第1項の禁止行為に該当するものとみなす。
1.立札及び看板の類で、公職の候補者等1人につき又は同一の公職の候補者等に係る後援団体のすべてを通じて政令で定める総数の範囲内で、かつ、当該公職の候補者等又は当該後援団体が政治活動のために使用する事務所ごとにその場所において通じて2を限り、掲示されるもの
2.ポスターで、当該ポスターを掲示するためのベニヤ板、プラスチック板その他これらに類するものを用いて掲示されるもの以外のもの(公職の候補者等若しくは後援団体の政治活動のために使用する事務所若しくは連絡所を表示し、又は後援団体の構成員であることを表示するために掲示されるもの及び第19項各号の区分による当該選挙ごとの一定期間内に当該選挙区(選挙区がないときは、選挙の行われる区域)内に掲示されるものを除く。)
3.政治活動のためにする演説会、講演会、研修会その他これらに類する集会(以下この号において「演説会等」という」の会場において当該演説会等の開催中使用されるもの
4.第14章の3(政党その他の政治団体等の選挙における政治活動)の規定により使用することができるもの


わずか1項でこの分量。
作った奴は何を考えているんだと言いたい。

余計な記述を削除して簡単にすると、

16 「公職の候補者等」の政治活動のために使用される候補者等の氏名又は氏名が類推されるような事項を表示する文書図画で、次に掲げるもの以外のものを掲示することは禁止です。

ってとこ。


氏名又は氏名が類推されるような事項の文書図画
次の各号に記された物のみ掲示が許されていることに異論はありませんが、
氏名又は氏名が類推されるような事項以外の文書図画は掲示して良いのでしょうか。

S42/1/8佐賀県選管宛電話回答(選挙関係実例判例集第16次改訂版P1137より)で
次のような物があります。

Q.選挙事務所の看板の他に、それに並べて、「清潔な選挙」と記された看板2枚を
 選挙事務所に掲示することはできるか
A.できない



公選法の趣旨は、乱立する看板を制限し、金のかかる選挙から脱却することです。
電話回答は、政治活動用事務所には氏名の記された看板2枚のみを許可し、
それ以外を禁止すると明確に回答しています。

しかし、公選法143(16)からはその趣旨が読み取れるでしょうか
解釈の仕方によっては「氏名が類推される看板は次の各号しか許可されないが、
それ以外(スローガンなど)の看板は制限されないと読むこともできます。

作成者の意思は「それ以外の看板は禁止」であっても、
その解釈は司法に委ねられています。
そして、この程度の公選法違反で告発されることはありません。

結論
政治活動用事務所にスローガン等を表示したい人は自己責任で



つまらない結論ですいません・・・。
スポンサーサイト
▲ Page Top
カテゴリ 選挙 |  タグ

立札・看板など

先週末、住民から「某候補者の立札が大きいのでは」という通報があったので、現認に行ってきました。
確認したら看板そのものは150cm×40cmでしたが、足までいれると180cm×40cmでした。
現職だったので証票交付の際に、サイズをしつこく言わなかったせいですね。
公選法違反なので候補者に電話連絡して、足を切るか、看板を作り直すか指導。

個人的には「足切り」は縁起が悪いので作り直した方が良いようなきしますがw

そういうわけで、
立札及び看板の類について、勘違いする候補者が多いのでまとめておきます。

■政治活動のための立札及び看板の類
・候補者の氏名等が記された立札等は制限されます。
・選挙管理委員会から交付される証票を添付した立札のみが掲示できます。
・本人分と後援団体分として次の枚数を掲示できます。
  市町村区分   首長候補  議員候補 
政令市106
政令市以外の市66
町村44
・一事務所で2枚までです。
・選挙間中に新設はできませんが、政治活動として掲示した立札は選挙期間中もそのまま掲示できます。
・大きさは150cm×40cmです。(足を含む)

氏名が記されたのぼりを掲示することはできません。
 (厳密には、のぼりは立札及び看板の類なので、証票が添付されていれば掲示できます。)

■選挙運動のためのポスター、立札及び看板の類
・選挙事務所に掲示する立札等の大きさは350cm×100cmまで
・一選挙事務所に3つまで
・上記以外の立札等の大きさは273cm×73cmまで

参考までに公選法の該当箇所を記しておきます。
※読みやすくするために一部略しています。

公職選挙法
(文書図画の掲示)
第百四十三条  選挙運動のために使用する文書図画は、次の各号のいずれかに該当するもののほかは、掲示することができない。
一  選挙事務所を表示するために使用するポスター、立札、ちようちん及び看板の類
7  第一項第一号の規定により掲示することができるポスター、立札及び看板の類の数は、選挙事務所ごとに、通じて三をこえることができない。
9  第一項に規定するポスター(同項第四号の二及び第五号のポスターを除く。)、立札及び看板の類は、縦二百七十三センチメートル、横七十三センチメートル(同項第一号のポスター、立札及び看板の類にあつては、縦三百五十センチメートル、横百センチメートル)をこえてはならない。

16  公職の候補者等の政治活動のために使用される候補者等の氏名又は氏名が類推されるような事項を表示する文書図画で、次に掲げるもの以外のものを掲示する行為は、第一項の禁止行為に該当するものとみなす。
一  立札及び看板の類で、公職の候補者等一人につき又は同一の公職の候補者等に係る後援団体のすべてを通じて政令で定める総数の範囲内で、かつ、当該公職の候補者等又は当該後援団体が政治活動のために使用する事務所ごとにその場所において通じて二を限り、掲示されるもの
17  前項第一号の立札及び看板の類は、縦百五十センチメートル、横四十センチメートルを超えないものであり、かつ、当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会の定めるところの表示をしたものでなければならない。

公選法施行令
第百十条の五  法第百四十三条第十六項第一号 に規定する政令で定める立札及び看板の類の総数は、公職の候補者等一人につき又は同一の公職の候補者等に係る後援団体のすべてを通じて、それぞれ、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める数とする。
五  都道府県の議会の議員、市の議会の議員若しくは指定都市以外の市の長の選挙に係るもの 
六  指定都市の長の選挙 
七  町村の議会の議員若しくは長の選挙に係るもの 

2011.02.21 ( Mon )  02:13:38  | Comment.0  | Trackback.0
▲ Page Top
カテゴリ 選挙 |  タグ

新刊「ネット活用選挙の手引」の感想

注文していた国政情報センターの新刊
「現職ネット戦略担当者が教えるネット活用選挙の手引」が届いたのでその感想を。



2011/02/21現在、公選法は改正されておらず、
選挙運動としてホームページの更新やブログやTwitterの利用はできない。
本書は公選法改正前の現在でも選挙を行うためには
インターネットを活用することが重要であると主張している。

・選挙運動としての活用ができなくても、政治活動としての活用には制限がないこと
・更新はできなくても、選挙期間中に閉鎖する必要はなくなったので
 個人演説会や選挙運動用ビラで「私のホームページを見て下さい」と告げれば選挙運動につながり
 効果が大きい
こと。
・ネット戦略部が選挙対策本部として重要であること
・公選法が改正されてからインターネットを活用した選挙運動を行っても遅いこと



内容としてはインターネット等に常日頃接している自分には、
「そんなの知ってるよ」って内容ばかりで、かなり物足りない内容でした。

ホームページ、ブログ、動画等の解説(説明)が主であり、
具体的なテクニックはほとんど書かれていなかったからです。
巻末に「具体的戦術集」はあるものの、実効性に首をかしげるようなものばかりでしたし。

とはいえ、インターネット未経験者や初心者が各種ツールの概要を知り
今後の政治活動(選挙運動)で何を使うかをしるための羅針盤にはなるかもしれません。

でも一つだけ重要なことが書いてありました。
mixiはログインし、マイミクを訪問するだけで足跡が残るので
選挙運動期間中にmixiにログインすることもNGということです。

(実際問題として、足跡を残しただけで公選法違反で捕まることはないですけどね。)
2011.02.21 ( Mon )  01:09:26  | Comment.0  | Trackback.0
▲ Page Top
プロフィール

くりちゅな

Author:くりちゅな
衆院選が終わり参院選に向け充電中の選管書記です。

最近の息抜きはパズドラ。微課金プレイヤーなので、水パ以外は弱々です。

最新記事
 THE IDOLM@STER
カテゴリ
iPod Touch/iPad (38)
スケジュールアプリ (5)
手書きメモアプリ (38)
タスク管理アプリ (25)
テキストエディタ (7)
ブラウザ (5)
ポケモンカードゲーム (11)
ファンタシースター (3)
モンスターハンター (5)
パズドラ (3)
ゼルダの伝説 (15)
Quest of D (1)
jubeat/REFLEC BEAT (5)
その他のゲーム (6)
仕事 (9)
EXCEL/ACCESS (8)
選挙 (53)
市町村アカデミー (3)
PC (7)
トラックボール (7)
家族 (9)
免許更新 (2)
JCB (5)
アフィリエイトプログラム (2)
未分類 (8)
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。