HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  手書きメモアプリ  »  PDF註釈ツールとしてのGoodReader for iPad

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDF註釈ツールとしてのGoodReader for iPad

UPADGoodReader


PDFの注釈ツールとして自分はUPADを使用しています。本来UPADは「手書きメモ」ツールなのですが、ストレス無く注釈できるのでお気に入りなんです。
とはいえ、UPADも万能ツールというわけではなく、いくつか惜しいところがあります。
特にPDF内の文字列検索ができないのは最大の弱点だと思います。

そういうわけで、手書きの頻度が高い時はUPAD、そうじゃないときはGoodReaderと言う感じで使い分けています。

いつの間にか


先日GoodReaderを使っていて、ふと「手書きメモを書きたいな」と思い、手書きツール(Freehand)を開いたら驚きました!!!
GoodReader1
画面の右下に虫眼鏡らしきアイコンがある!?

GoodReader2
タップしたら当然のように出現した拡大鏡!!!ピンチ操作をすれば拡大鏡の拡大率が自由に変更できるし!!!横にはパームレストもあります。なにこの手書きメモアプリが真っ青になりそうな機能の充実ぶりwww

GoodReaderはiOS5になって何度かバージョンアップしていましたが、そのとき拡大鏡が使えるようになったのでしょうか。おまけに手書きメモの書き味もかなり良くなっています。Noteshelfを5点、UPADを4.5点とすれば、GoodReadeは4.5点か4点くらいはあります。neu.Notesやneu.Annotate+のような「書いた文字の軌跡と保存される文字の形が異なる」事もありません。

※自分がneu.シリーズを使わないのは、この「書いた文字の軌跡と保存される文字の形が異なる」のが好きになれないからなんですよね・・・。スムージングされてキレイになると好意的にとらえても良いのですが・・・。

GoodReader3

書いた文字列は、保存した文字列単位で移動等ができます。
ちょっとしたアノテートしかしないのであれば、GoodReaderで済む気がしますね・・・。
GoodReaderは元々万能ツールという位置づけですが、ますます神がかってきました!

でも欠点もあります・・・


そんな神アプリのGoodReaderにも欠点があります。自分が気づいた点を列挙しておきます。

文字色を気軽に変更できない


文字を書いていて一部分だけ色を変えたい事ってよくありますよね?UPADやNoteshelfのような手書きメモアプリなら普通に文字色を変えることができますが、GoodReaderはできません。

SAVEボタンを押さないと保存されない


この記事を書こうとして何度保存せず消してしまったことか・・・。「慣れ」の部分もあるので一概に「欠点」とは言えないかもしれませんが、少し使いにくいです。

消しゴムがない!!


これは結構大きい問題です。書いているときにはUNDO(元に戻す)ボタンがあるので何とかなりますが、SAVEボタンを押して保存したあとに、文字列の一部分を消したいと思っても消すことができません・・・。








関連記事
スポンサーサイト
▲ Page Top
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

くりちゅな

Author:くりちゅな
衆院選が終わり参院選に向け充電中の選管書記です。

最近の息抜きはパズドラ。微課金プレイヤーなので、水パ以外は弱々です。

最新記事
 THE IDOLM@STER
カテゴリ
iPod Touch/iPad (38)
スケジュールアプリ (5)
手書きメモアプリ (38)
タスク管理アプリ (25)
テキストエディタ (7)
ブラウザ (5)
ポケモンカードゲーム (11)
ファンタシースター (3)
モンスターハンター (5)
パズドラ (3)
ゼルダの伝説 (15)
Quest of D (1)
jubeat/REFLEC BEAT (5)
その他のゲーム (6)
仕事 (9)
EXCEL/ACCESS (8)
選挙 (53)
市町村アカデミー (3)
PC (7)
トラックボール (7)
家族 (9)
免許更新 (2)
JCB (5)
アフィリエイトプログラム (2)
未分類 (8)
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。