HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  iPod Touch/iPad  »  『デキる部下は「報告」しない』を読んで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デキる部下は「報告」しない』を読んで

デキる部下は「報告」しない


3月6日付でトップ有料 iPad APPにランクインしていた『デキる部下は「報告」しない』。タイトルに惹かれたので読んでみました。

ホウ・レン・ソウはもう古い


本書の主題になりますが、ビジネスマンの基本とされている「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」は一方通行のコミュニケーションであるため、双方向のコミュニケーション(F・R・S)が求められるとしています。

F・R・SはそれぞれFeedback、Remind、Sharingの頭文字で、「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」を進化(双方向化)したものと言えます。そのため、デキる部下は「報告」をせずに「フィードバック」する、という事になります。

【Feedback(フィードバック)】
付加価値を付けた「報告」。情報を伝えるだけではなく、上司の意思決定を助ける。

【Remind(リマインド)】
ちょっと気の利いた「連絡」。上司をタイミング良くフォローする。上司を操縦(マネジメント)するためにも必要。

【Sharing(シェアリング)】
情報共有。上司だけへの「相談」からチーム全体の「情報共有」に変えることで、上司の得意技『聞いてないよ~』を防ぐことができる。また、ベスト・プラクティス(成功の法則)をシェアしあなたの評価を上げた方が、長い目で見れば得である。(この箇所は、少ししっくりこなかったです・・・。成果主義の弊害で情報共有が減少したことが問題となった頃の著作だからかな?それとも自分が公務員だからかな?)


ホウレンソウを双方向化するための方策やメリットが色々記されています。フィードバックについては、当たり前の内容ながら目から鱗状態でした。

上司は「お客様」


著者は、上司をInternal Client(内部顧客)ととらえ、「お客様」と意識して接してみましょうと言っています。

この辺は、そうだろうね。
(デキない)上司と距離を置き、上司を自分の理解者と考えなければ、失望することもないしwww

普通の部下から抜け出すための5条件


デキる部下になるためには次の能力が求められるとしています。
・高いコミュニケーション能力
・段取り力
・モチベーション・コントロール
・成果のアピールすることができる能力
・上司を操縦できる能力

この辺はよくある内容だからコメントはしません(^ω^;)

全体の感想


ページ数は169ページと短く、また挿絵が多くまた行間も広いため、あっという間に読み終えることができました。奇をてらったタイトルですが、色々と参考になる箇所があり、読んでおいて損はないと思います。特に「デキない上司」をもつ社会人は!


関連記事
スポンサーサイト
▲ Page Top
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

くりちゅな

Author:くりちゅな
衆院選が終わり参院選に向け充電中の選管書記です。

最近の息抜きはパズドラ。微課金プレイヤーなので、水パ以外は弱々です。

最新記事
 THE IDOLM@STER
カテゴリ
iPod Touch/iPad (38)
スケジュールアプリ (5)
手書きメモアプリ (38)
タスク管理アプリ (25)
テキストエディタ (7)
ブラウザ (5)
ポケモンカードゲーム (11)
ファンタシースター (3)
モンスターハンター (5)
パズドラ (3)
ゼルダの伝説 (15)
Quest of D (1)
jubeat/REFLEC BEAT (5)
その他のゲーム (6)
仕事 (9)
EXCEL/ACCESS (8)
選挙 (53)
市町村アカデミー (3)
PC (7)
トラックボール (7)
家族 (9)
免許更新 (2)
JCB (5)
アフィリエイトプログラム (2)
未分類 (8)
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。